CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
70改二だけじゃなくて。

 表題の通りですが、AK70mkIIは「70改二」と呼称し既に発売直後に実機は完成し、どのタイミングでGOを出すか色々決めあぐねていた側面があります。

元々、非常に価格帯に比してちゃんとしておりアナログ段は"ほぼSP1000"という造りですし、私としても手放しにマンセーしたい所はありまして。

また全段OPA1688で駆動力もあるのでローの主張の塩梅等の調整の難しさもありますし、ファームとの相性で結構印象の変わるところでもあるでしょう。

しかし実運用の中でどうにも気になる部分が出てきまして、そこの対処に時間を割く事になり、その問題自体の解決は簡単だったんですがその余波が想定よりも大規模になってしまいました。

何かと言えば、各方面で良い評価の多いバランス出力の数字が妙に芳しくないし違和感があるという状況で、最初は「イジって何かやらかしたかな?」と危惧したんですが、どうやらそうではなかったのです。

ここまで勿体つけて書く内容で恐縮なんですが、バランス出力再生時に「ホワイトノイズに似たノイズが乗る」という状況ですね。

 

元々の回路としても回路定数的にはSNRを意識して、それなりに熱雑音への意識もされた妥当な定数と思っていますし、特に奇を衒った所はありません。

AK70以降の「個人的に納得出来る回路」の延長で、SP1000に比して「DACが違う事によるDACチップ自体の駆動力の差をケアした回路」というのがmkIIでは採用されています。

しかしシングルエンドもバランス出力もIMD(相互変調歪み)が妙に乗る、という状況で…それ自体は発振でも容量を拾っているのでもなく、DACから乗っている成分ですからフィルタで解決すれば良い話です。

と言う事で、まず70改二の改善点としては「70改乙同様の部分に加えて、全般的なSNR向上(特にバランス出力)」であるという事になります。

ですから基本方針としては上も伸びるようになるし、音場表現も左右に広く距離感が判りやすくなるという70改乙同様の音作りは維持しています。

勿論70改乙最終アップデート同様にコンデンサは対策済ですし、デジタル関連の改善もされています。

ただ乗っているOPA1688特有のクセを低減する為の措置は腐心しましたねぇ…。

 

さて価格ですが元々¥53k程度を予価としていたんですが、上記の対策が付加された事で手間が増えてしまい¥5k程値上げする事になりました。

よりまして申し訳ないんですが、¥58,000.-とさせて下さい。

この差が目玉であると同時に、改善具合も判りやすいという所でもあるので何卒ご理解頂ければと。

 

 付随する話ですが、上記のノイズを消す事は原因自体の特定にさほど時間掛からず数時間で終わったんですが、懸案なのは当該回路の部分が今までのAK製品で割と共通していた部分であった事です。

少なくともAK240・380・70と共通の部分ですが、ここまでその症状が顕著に出たのはmkIIが初かなと認識しています。単純にデュアル化してローノイズ意識の回路になった事でそれが顕在化してしまったとは思うんですが…。しかしその兆候は70の最新ファーム適用時から高能率イヤホンでは出始めていたと判断していました。(CS4398出力部との相性なのかなと現時点では推論出来ますが)

つまり同じ解決方法を適用すればその現象も抑え込める、とも言えます。

なので70や240で高能率イヤホンを運用していたりで、もしも気になるとおっしゃる方には朗報なのかしら?と思いまして。

よって今、70が落ち着き始め絶賛240祭開催中ではありますが、それが落ち着いて来年頭辺りから70改乙の上記適用も含めた措置を検討しています。

その場合、コンデンサアップデートとデジタルアップデートと統合して¥12k、単体で¥8k程度になるかなという目算です(確定ではないですが)。

しかしこのアップデート、ユーザごとの運用形態によって気になる場合とそうでない場合が結構差があるみたいで。

よってデフォでは搭載しない方針ですし、気にならない場合は特にわざわざやらなくても良いと思いますので、実運用との兼ね合いで判断されるのが宜しいかと。

ただ、今のデスマーチを諸々処理してからまた改めてアナウンスする事になると思います。

 

以上取り急ぎ。

| 改造/保守 | 10:00 | - | - | pookmark |
コンデンサ問題終息、並びにそれに係る作業進行の変更について

 まず上記の問題に関連し、作業に支障が発生しお待たせしております事、改めましてここに深くお詫び申し上げます。

表題の通り、代替コンデンサの動作検証並びに音決め作業(F95に似せる検証)がようやく完了し、対策済版のAK70改乙、AK240改/R、Paw改/二丙の当該部分の作業を開始しています。

漏れ電流の問題が出ないのは良いものの、余りにも音に差が出てしまった事から調整に手間取った所が否めません。

 

・AK70とAK240に関しては今週から届き始めると思われます。

・Pawに関しては9月第2週のお届けを予定しています。

 

 また重要事項として、今週から発送されるAK70とAK240には新しいデジタル電源回路が適用されます。

ずっと実験していたものですがSP1000Rで本採用としたもので、差としては中高域のゴチャゴチャさの更なる低減と全域に渡る解像度上昇と鮮度の向上が見られ、数字の上でも相互変調歪(IMD)の低減を認めており、「デジタル回路からアナログ回路への干渉が更に減り、背景がドス黒くなる」と云った所で、適用前後の差は大きいと思われます。

ただしこれに伴う価格の上昇は設定しません

また飽くまで対策済コンデンサ搭載という事から、名称は変更せず「対策済」と区別するに留めます。

 

無論、これに関し改造済個体からのアップデートは可能です。

(対策済コンデンサと電源回路併せて¥6,000.-、電源アップデートのみの場合は¥4,500.-で請けます)

取り敢えず手持ちの作業を優先する為にこちらのアップデートの受付は開始するものの、こちらでの受領は9月3週目を目処としています。

作業順は例の如く入金順です。

 

以上取り急ぎよろしくどうぞ。

| Information | 03:00 | - | - | pookmark |
| 1/51PAGES | >>