CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< September 2016 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
【番外編2】 AK70改について

はい。えーまさかの番外編2です。

 

本日デビューという事で破竹の勢いを見せるAK70ですが、約束された覇権であり当然の流れでしょうね。

まず試聴して一聴で分かる駆動力の違g…みたいな感想は他の人に任せるとしましょう。

さてエントリークラスと銘打ちつつ実態はそうでもないこの中身ですが、本当によくここまで入れてきたなと感心する事しきり。

LPFにOPA1622、シングルエンドの増幅段にOPA1612という事で、アナログ部の物量のみ鑑みればAK380を始めとする上位機種と渡り合えるものを持っています。(いやまぁ駆動力を考えればOPA1622の方が上とかBTLはディスクリ説が出回ってますが、ディスクリではないとかゲフンゲフン)

普通に考えればブランド戦略上・製品戦略上どうなんだ…?とも云えるのですが、この設計哲学を今後も堅持していくのであれば市場形成の上では非常に健全で素晴らしい事だと云えましょう。

全く不満も無く改造する必要のない素晴らしい製品です。

イジるとすれば、いつもの1ppmTCXO・コンデンサ・出力インピーダンス低減・電源周り・フィルタ…という流れを丸々全部含めちゃいます。(AK100C2と同様、って事ですね)

基板の配置は300系と同様にアナログ部にステンレスシールドが付いてしまっているので、物理的に余り余裕があるワケでもなく一応頑張って色々とネジ込んでいます。今回はデジタルが同軸では無くUSB出力ですから、その分手数が減るのも有難い(?)のですよ。

元々第二世代の100II同様にCS4398が1発で、こちらとしてもどこを奢れば改善するかは分かってますから、そんな意味でも楽な方です。

 

一応予価として3.5万という事で見ていましたが、特に変更するべき予想外の出来事も無く安定的に運用出来ているのでそのままGOを出し、¥35,000.-とします。

 

以上、取り急ぎまで。

 

| 改造/保守 | 23:30 | - | - | pookmark |
【番外編】 M-03改について

 AK380改…の前にちょっと番外編として、JuSTAXでお馴染みのKing Sound M-03についてのオハナシ。

そして取り急ぎなのでJuSTAXについての説明は割愛致します。

 

サクッと改造内容を説明しますと、

 

1, まずバイアス電圧を上げます

(430V→505〜530V程度; 個体差大)

これにより振動膜の動作の忠実度が上がります(電場が強いですから疎力と引力が強くなりますからね)

つまり解像度↑&高域↑って事になりますし、低域の硬さも改善されます。

 

2, バイアス端子(つまり左右振動膜に繋がります)の

電源供給能力を上げます

前よりも電流を多く出せるので、電流を他チャンネルに奪われるリスクが減ります。

これは互いのチャンネルの影響を受けにくくなる(他チャンネルの反位相が乗りにくくなる)事になるので、つまりチャンネルセパレーションや定位の改善となります。

 

3, アンプ部の物量投入と電源強化

これは他の改造と同様ですね。

 

4, ノイズ防護の強化

如何せん500V以上の電圧が筐体内に存在しますので、トランスを挟んで直接アンプ部と繋がっていないとしても、そのままですと普通の回路にも強い電場のせいで影響が出てしまいます(実際出てます)。

なので力技ではありますが、バイアス回路直近にシールドを設けて遮蔽し、ノイズ源からの影響を低減しています。

 

まず以上の様な内容を1セットとして施工しています。

 

お値段は特に高いパーツを投入するワケでもないならば基本一律で、

 

¥49,800.-

 

となります。

 

また仕様ですが、基本的にはワンオフ同様にお客さんの要望に極力沿う形で組んでいきますが、今回はちょっと特別で、須山社長の用いているチューンと同じものを10台となります。(7/3現在; 売り切れ)

理由は明白で、組んだ個体の中でも最も癖が少なく万人受けしやすいチューンである事です。

非常にヌケが良く明るい音で、解像度も申し分なくSTAXらしさを伸ばすという意味では秀逸であると思っています。

 

しかし残念な事に、用いているスチロールコンデンサが随分前に生産中止となり非常に入手困難でして、数日前に欧州に追加の発注を掛けたものの10台分しか確保出来なかった現実があります。

往年の音の良いパーツはもうひたすら市場在庫の奪い合いというのが悲しいかな昨今のよくある流れですね。

よって限定商法みたいな流れになるのも意図とは違うのですが、出音の出来が非常に良いだけに世に出さないのもそれはそれで残念な感じがしたので、今回の判断となりました。

 

※追記:10台全て売りきりとなりました。深く御礼申し上げます。

    代替ですが、当該のスチコンの代わりにKP1830あたりかなぁと。

 

 

黎明期でニッチな案件とは言えポタに於ける革命であると認識しているので、今後も発展の余地が色々ありそうで楽しみですね。

| 改造/保守 | 06:00 | - | - | pookmark |
| 1/46PAGES | >>