CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< AK製品全対象アップデート/電池分圧保護回路基板予告 | main | DX200国内受注再開・恒常化 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
電池分圧保護回路基板

 前回のエントリの続報です。
http://info.m-s-tech.jp/?eid=120
所謂「電池分圧」のアンプ(単なる電池直列による正負電源)に於ける片減りによる直流出力防止用基板がやっと形になりました。

 

 

試作基板なので少し半田が汚いんですが、この様に実装します。

真ん中のDIPスイッチのON-OFFで放電終止電圧を設定し、右上のLEDがエラーフラグです。

 

機能としては…
・アルカリ乾電池006P(9V, 遮断終止電圧5.4V)
・2直列リチウムイオン充電池006P(定格7.2〜7.4V, 充電時最大8.4V, 遮断終止電圧5.8Vor5.4V)

・6直列ニッケル水素充電池006P(定格7.2V, 充電時最大8.4V, 遮断終止電圧5.4V)
・7直列ニッケル水素充電池006P(定格8.4V, 充電時最大9.8V, 遮断終止電圧6.3V)

・8直列ニッケル水素充電池006P(定格9.6V, 充電時最大11.2V, 遮断終止電圧7.2V)

・9直列ニッケル水素充電池(定格10.8V, 充電時最大12.6V, 遮断終止電圧8.1V)
に対応させ、各電池の放電曲線に合わせた電圧で自動的に切れる様にマイコンにプログラミングされており、DIPスイッチで使用する電池ごとに電圧仕様を切り替えられる様になっており、JPを導通させる事で様々な遮断電圧を設定出来ます。

 

遮断終止電圧5.4Vの場合は

1234 ON

JP 解放

遮断終止電圧5.8Vの場合は

1234 ON

JP 導通(※)

遮断終止電圧6.3Vの場合は

13 ON 24 OFF

JP 解放

遮断終止電圧7.2Vの場合は

24 ON 13 OFF

JP 解放

遮断終止電圧8.1Vの場合は

1234 OFF

JP 解放

 

※遮断電圧を7.5%上昇させる事で電池の放電を深くさせ過ぎず、電池の寿命を長く保つためのモードです。

 

またエラーフラグ信号の出力も可能なので、電池切れの際はすぐ外付けLEDの点滅でわかる様になっており、正常時点灯・正常時非点灯を選択可能になっています。

LEDを移設する事で選択可能で、画像の実装では「電圧チェック時点灯し常時非点灯」です。

「電圧チェック時消灯し常時点灯」の場合はA-Kの向きをそのままに下側のランドにずらして下さい。

 

 


値段ですが予価の通り、
¥16,000.-
となります。

ちょっと高くなっちゃったんですが…割と高機能になったのと、ニッチゆえの小ロット生産、昨今のお高いイヤホン・ヘッドホンを電熱線にして焼くリスクが0になり、現状同じ用途の製品が存在せず且つ自作の電池分圧アンプにも使えるという強みもあります。

 

当方で取り付けサービスが可能なのは
RSA SR-71
RSA SR-71A
RSA SR-71B
で、取り付け工賃として+¥3,500.-申し受けます。

 

 

また、71無印と71Aの改造ついでにと仰る場合は改造と保護基板の全部コミコミ¥50,000.-とします。

| その他製品 | 12:00 | - | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 12:00 | - | - | pookmark |