CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< Add-on sub PCB for RSA SR-71/71A/71B overdischarge protection and prevention for DC leakage on output | main | "センセイ"DAP >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
SP1000とSP2000のS/PDIF同軸出力化

 はい、小ネタです。

SP1000やSP2000でも同軸で出させろと某社の中の人から言われたので、勢いだけでやりました。

例の如くダミープラグを挿して、光で出させるのと同じ状態にしてUSB-Cの一部のピンを間借りする形になります。

もともとxDuoo X10T IIに於いてはUSB-Cの一部がS/PDIFに割り当てられてるんですが、そのせいでUSB3.1がマトモに使えず、USB経由の転送速度が悲惨な事になっているという事もあり、「さて本来のスペックのUSB-Cとどう共存させるか?」が課題でした。

この場合は、USB-Cに定義されているオーディオアダプタアクセサリモードを使用して、USB-Cでイヤホンジャックに変換する類の様なアクセサリを装う事で解決出来ます。

価格はダミープラグを付けてSP1000で¥10,000.-、SP2000で¥16,000.-

この価格差の理由は単純明快…SP1000と違い、SP2000は裏蓋開けるの四苦八苦するんですよアレ…お陰でずっと相棒だった開腹用の吸盤を破壊しましたし、手間と時間の差です。

 

 ケーブルも作れと言われれば出来ますが、USB-Cのプラグの強度と内部部品やピンアサインの都合上、画像にあるプラグとケーブルでないと強度上、継続的な運用が難しいと思います。細くて柔らかく、曲げやすい75Ω同軸線となると…殆ど選択肢は無いと言って良いでしょうね。

多分価格としても¥9,000.-が妥当なラインとなると思われます。

 

| 改造/保守 | 22:00 | - | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 22:00 | - | - | pookmark |