CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< December 2014 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< AKクロック/最近のリードタイムなど。 | main | 例のアレ >>
スポンサーサイト
この広告は45日以上更新がないブログに表示されております。
新しい記事を書くことで広告を消すことができます。
| - | | - | - | pookmark |
AK120改/120T/120TC…からの〜AK100改2

 おはようございます。今日明日は大阪でポタフェスですね。参戦される皆様方のご武運を。

さて昨日発表の有った通り、AK120の発売日が来月15日となり予約も開始されました。


スペックとしては言うまでもなくAK100との使い分けと差別化に如何に特化するかが運用上のキーで、どこまで「直挿し」に対しての価値を見出すかが購買理由となるとも思われます。

目下当方としましては役得では有りますが先行試験用に評価改造用機を借り受け、実装と運用のテストを進めております。(これに関しては後述)

それにしても…受領してまずノーマルの状態での運用をしましたがやはりSNR+3dB(つまりDACを2パラで運用する事でノイズが1/√2、大体三割減る計算)の効果は数字以上に大きい。スペックシート上にも如実に出ていますが、まぁ一聴して「おっ」と判るレベルです(でないといけませんが)。直挿しでアンプ無しオールインワンで、という形での運用をする上ではDAPとしてかなりのレベルまで持ってきています。

しかし「直挿し重視」での運用を考えた付加価値の付け方としては、やはりもっと手を加えてあげたい所。折角定位や輪郭が一気に出たのだし、エロい息遣いとか、演奏者の手の動きに至るまでもっとしっかりと分かる様にしたら良いんでないのかと…値段なりの価値として納得できるんでないの?と。

そんな方向での改造ならば、こちらとしても非常にやり甲斐は有るワケですね。

と言う事で従来のAK100に対する改造内容の倍は手を掛けてやろうと決意した次第です。


 それを進めるにあたり取り敢えずは開腹しましたが、いやはや8740を2パラにした回路は自分も手掛けていますがパッと見で思ったのは…

「ズボラしてねぇな…」

つまりどういう事かと言いますと、DACを2パラにした際の回路の組み方ですが二通り有りまして、部品点数が倍で実装面積を喰うものの飽くまで全信号を独立させて行くか、実装面積もパーツ点数も減らして小型化優先としてしまうか?という二通り。

AK120は前者できっちりやっとりまして同じ回路がつまり4つ入っています。後者の場合は前者と同じ面積を与えられた場合は、逆にパーツあたりに割ける面積を上げられるのでもっと精度の高いパーツや音の良いパーツを載せる事が出来ます。ポタの場合は設計思想上やはり引き算から始めなければならないのが悲しい所ですが、手をちゃんと込めているのはよく分かります。ハィ。


次はダンピングですね。3.3Ωです。さてこの抵抗値…ダンピングとしてはやや低すぎて中途半端ですし、「どうせなら何故最初から直結にしないのよ?」と思う人が非常に多いでしょう。普通に考えればそうです。やはり出力インピの高さはマルチドライバ機にとっては敵でしかありません。

しかしこれには理由がありました。(理由は言えるには言えますがさる理由で言いません、次のエントリで話す内容に関わってきます)

結果論ながら直結自体は可能ですし、勿論やっています。やっぱりこっちの方が音いいのでやるに越した事は無いという事で。


あとその他諸々、カップリングもトランスもクロックも施工可能なのは実証できました。よってメニュー構成自体はAK100を踏襲します。

しかし手数と部品点数の増加は先述の通りで、改造内容のみならず改造箇所も大幅に増えます。


 AK120関連の価格予定ですが、AK120に対しての基本改造は¥37k

オプションですがトランス搭載(T)はAK100同様の作業内容なので¥10.5k

しかしクロック換装(C)ですがこれがやや実装も作業も面倒くさい事になってしまいまして値上がりは避けられず¥13.7k

以上の予定です。

そのうえ、AK120に準ずる内容をAK100に対して基本改造として施工しても現行比で相応な効果が認められることもあり、こちらとしても頭を悩ませる結果に…差分だけ取ると¥6kって所でしょうか。

取り敢えずそのAK100の新改造をAK100改2(仮)と呼称します。改と改2の差は飽くまで現行に追加でイジる部分の料金上乗せなのでオーダー内容は排他的とはなりません。

既に施工した人への救済策としてはそのまま差額¥6kでの作業とする方針です。これに関しては後ほど追って情報を記載します。

また、現行の改造(¥21kの方)も選択肢に残す方針です。トランスポートとしての役割重視の場合に備えてですね。

つまり、AK100の改造ラインナップは2種類で¥21kの改と¥27kの改2(仮)という事になります。(ちなみにこれ以降、別バージョンの策定はしない方針です。ややこしくなるだけなので)


(※5/27追記)

昨日から延々と対処してまして齟齬が出にくい呼び方にすべきと判断し、

オーダーの際に間違わない様に下記の呼び方を推奨します。

AK100改 (既存ノーマル; 21k) / AK100改2 (新改造ノーマル; 27k)

AK100T (既存トランス; 31.5k) / AK100C (既存クロック; 31.5k) / AK100TC (既存トランスクロック; 42k)

AK100T2 (新改造トランス; 37.5k) / AK100C2 (新改造クロック; 37.5k) / AK100TC2 (新改造トランスクロック; 48k)


 まずAK120関連の件に関しては以上です。


(※5/29追記)

AK100送付の際は、必ずファームを1.30にしてご送付下さい。

| 改造/保守 | 07:30 | - | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 07:30 | - | - | pookmark |