CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< AK240改、始めます。 | main | 近代化改修、とまではいいませんが。 >>
春です。

 イイ感じに三寒四温の陽気となり、神田明神の梅の花も咲いて甘酸っぱい香りが漂って来る季節となって参りました。

前回の更新から早十ヶ月、もう既に赤ちゃんなら生まれてるぞというツッコミの入るインターバルです。

病んだり復調したりまた病んだりを繰り返してはきましたが、やっとモチベーションが回復した、と云えるレベルになったので戻って来た次第で。

 

ここでいきなりですが重要な事を数点書きます。

 

1, 価格を改定します。

昨今の円安ドル高が非常に輸入業に対してボディーブローどころか完全にチンやアッパーを喰らわせているのは皆さんご存知の通りで。当然こちらにも相応にキています。しかし、元々ポタアン始めポータブルオーディオがかつての円高ドル安・円高ユーロ安の恩恵を享受しつつ成長してきたのも紛れもないオハナシです。それを踏まえてこちらとしても還元!などと大仰な事は云いませんが、一部改造メニューは情勢に鑑みて敢えて値下げをする事と致しました。

これは一応営業努力の一環である事、既に落ち着いた製品である事、作業する上でもノウハウが完成の域に達しているから、との判断です。

該当メニューは以下の通り。

AK100 ¥21,000.- ¥16,000.-

AK120¥37,000.- ¥33,000.-

AK240 ¥94,800.- ¥79,800.-

(上記の各メニューについてのオプション追加料金は変更なし)

UHA-6S ¥30,000.- ¥27,000.-

更にAK240改は、AK240Rを正式なメニューに加える事として各々別扱いとする事となりました。

AK240Rについては次項で。

 

 

2, 新メニューが加わります。

ハッキリ云えば高いメニューが大勢を占めます。

 

(1) AK240R

このRRecircuitの略です。

AK240改はバランスアンプチップの変更・フィルタ定数変更・カップリングコンデンサ変更・クロック交換が主な内容ですが、この改造はそれに加えてアナログ回路を全部交換した上でデジアナ電源強化をするという内容です。

AK240はアナログ回路が左右合わせて8系統あり(つまり1枚のCS4398から片chの正負が2系統ずつ出ている、という事です)、その全ての部品を交換する大手術、交換点数は堂々の3桁超えという作業。正直ツラいんですが音に如実に出るのも確かでして、自分でテストをした段階でこの音を聴いてしまった以上はやるっきゃないという衝動のみでメニューに加えてしまった経緯があります。

抵抗はビシェイの薄膜、コンデンサはいつものECHUですね。定数は結構変わりまして、100kHzまではどフラットですが、上の伸びはやはりこれには代え難く。

ちょいちょい前から出てたじゃねーか、何故今更発表?という理由を挙げれば、単純に施工例が現状7例しかなく、安定させる動作環境の構築が難しかったからです。ゴメンナサイ。

価格はもうどうしようもないですね、¥170,000.- です。いくら頑張ったとしてもコレです。

この価格面の乖離もあってAK240改のメニューをそのまま残した、という事でもあります。

もし聴きたい方がいらっしゃればポタキャラ等でSさんを捕まえてみて下さい。金色に輝くアレが出てくる筈です。

 

(2) Pono

みんな大好き、ぽにょ。あの3角柱のシェイプにはなかなか度肝を抜かれました。

音もDACES9018K2M(しかもRevisionVの最新型!)を使っておりますが、どうせならもっとブラッシュアップという事で、クロックの交換とアナログ回路の交換が主な内容ですからやる事は240Rと同じなんですが、こっちの方が圧倒的に作業内容は楽なんです。

率直に云えばどれだけ注文が入るか未知数な側面もありまして、ほぼワンオフ的なスタンスでの対処な案件です。価格は¥84,000.-で、高いと取るか安いと取るか

(11/16追記:ぽにょ改はレパートリーとしては残していましたが、あんまりにも玉数が無いのでやめます。)

 

(3) PAW Gold

(4) DX90

上記2機種は2016.12.01に改定につき当該記事参照のこと。

 

とまぁ、こんな感じでラインナップが加わりますので、皆様宜しくご検討の程を。

 

 

3, 今後の展望について。

1に書いた通り、非常に円安ドル高が圧迫している状況です。

流石に想定レートを130円で設定せねばならないといっても過言では無いですね。

そこでリスクヘッジの為にでもあるのですが輸出に手を出すしかなさそうです。

そう遠くない未来に販売ページを設け、海外にモノを売る流れになるであろうという事ですね。所謂「飛躍の年」が今年になるのかどうなのか!?!?というアレです。

でも大丈夫もう私は一人ではありません。

もうすこし、待っていて下さいね。

 

 

| Information | 12:00 | - | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 12:00 | - | - | pookmark |