CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
電池分圧保護回路基板

 前回のエントリの続報です。
http://info.m-s-tech.jp/?eid=120
所謂「電池分圧」のアンプ(単なる電池直列による正負電源)に於ける片減りによる直流出力防止用基板がやっと形になりました。

 

 

試作基板なので少し半田が汚いんですが、この様に実装します。

真ん中のDIPスイッチのON-OFFで放電終止電圧を設定し、右上のLEDがエラーフラグです。

 

機能としては…
・アルカリ乾電池006P(9V, 遮断終止電圧5.4V)
・2直列リチウムイオン充電池006P(定格7.2〜7.4V, 充電時最大8.4V, 遮断終止電圧5.8Vor5.4V)

・6直列ニッケル水素充電池006P(定格7.2V, 充電時最大8.4V, 遮断終止電圧5.4V)
・7直列ニッケル水素充電池006P(定格8.4V, 充電時最大9.8V, 遮断終止電圧6.3V)

・8直列ニッケル水素充電池006P(定格9.6V, 充電時最大11.2V, 遮断終止電圧7.2V)

・9直列ニッケル水素充電池(定格10.8V, 充電時最大12.6V, 遮断終止電圧8.1V)
に対応させ、各電池の放電曲線に合わせた電圧で自動的に切れる様にマイコンにプログラミングされており、DIPスイッチで使用する電池ごとに電圧仕様を切り替えられる様になっており、JPを導通させる事で様々な遮断電圧を設定出来ます。

 

遮断終止電圧5.4Vの場合は

1234 ON

JP 解放

遮断終止電圧5.8Vの場合は

1234 ON

JP 導通(※)

遮断終止電圧6.3Vの場合は

13 ON 24 OFF

JP 解放

遮断終止電圧7.2Vの場合は

24 ON 13 OFF

JP 解放

遮断終止電圧8.1Vの場合は

1234 OFF

JP 解放

 

※遮断電圧を7.5%上昇させる事で電池の放電を深くさせ過ぎず、電池の寿命を長く保つためのモードです。

 

またエラーフラグ信号の出力も可能なので、電池切れの際はすぐ外付けLEDの点滅でわかる様になっており、正常時点灯・正常時非点灯を選択可能になっています。

LEDを移設する事で選択可能で、画像の実装では「電圧チェック時点灯し常時非点灯」です。

「電圧チェック時消灯し常時点灯」の場合はA-Kの向きをそのままに下側のランドにずらして下さい。

 

 


値段ですが予価の通り、
¥16,000.-
となります。

ちょっと高くなっちゃったんですが…割と高機能になったのと、ニッチゆえの小ロット生産、昨今のお高いイヤホン・ヘッドホンを電熱線にして焼くリスクが0になり、現状同じ用途の製品が存在せず且つ自作の電池分圧アンプにも使えるという強みもあります。

 

当方で取り付けサービスが可能なのは
RSA SR-71
RSA SR-71A
RSA SR-71B
で、取り付け工賃として+¥3,500.-申し受けます。

 

 

また、71無印と71Aの改造ついでにと仰る場合は改造と保護基板の全部コミコミ¥50,000.-とします。

| その他製品 | 12:00 | - | - | pookmark |
AK製品全対象アップデート/電池分圧保護回路基板予告

 表題の通りです。

まず事の経緯を説明致しますと…

「AK製品の残留ノイズを如何に殺すか?」という原点に戻ります。

ボリュームを0にして再生ボタンを押してみれば、どんなものか分かるかも知れません。

SoC(CPU)の負荷やRAMとのデータのやり取りが増える一方、その分電源の負荷も対数関数的に増大し、第4世代の機種から大幅な電源強化がなされています。

大体の残留ノイズはその負荷上昇による電源からの回り込みも多く、改造する上でもそれを低減する施策をとってきました。

しかし例として内蔵RAMが容量満杯に近付くと、全部が全部ではありませんが電源に乗るノイズが顕著となり、かなり音質に対する悪影響が出やすい状況となる個体も一部であったりします。

その場合は個別に対応したりしていたのもありますが、その途上で革命的な方策をつい先日発見した所だったのです。

でもその結果、施工前後であんまり音の情報量に差があり過ぎてしまい…

「コレはやらないと怒られるレベルの差だ」

と判断するに至りました。

とりわけローの硬さ、上の潰れなさは一番判りやすい部分ですね。

 

 では何をやるか、大まかに説明します。

基本的に全ての市販されるDAPにはミュート回路が付いており、再生を止めた後に、アンプ回路と出力を切り離す役目を担っています。

AK製品の場合は電磁リレーによる物理的遮断ではなく、FETを用いた半導体リレーで出力を制御するのですが、それの制御を行う経路から電源のノイズが流入する事が元々判明しています。

改造する上でも手を入れて低減していた場所でもあったものの、今回の手法だと効果が覿面過ぎて音の上での全体的な解像度・情報量の底上げになります。

 

この場合、同じミュート機構を採用している対象となるものが「全AK製品」になってしまいます。

ハッキリ云ってアホみたいな施工数です。

施工も難しくはない内容なのですが、取り敢えず下記機種に絞る事としました。

 

AK240R・AK70改乙・AK70改二・SE100R・SP1000R・SR15R

 

お代ですが、¥8.5k/台、2台以上施工の場合¥6.5k/台とします。

 

 さて小ネタですが次のオハナシ。

所謂「電池分圧」のアンプは仮想GNDを使わなくて良いワケで、音質の上ではそれに対しては優位となります。

しかしそれと同時に、電池が片減りを起こした際に真っ先に数V単位の直流を出力に漏らし、イヤホン・ヘッドホンのボイスコイルを焼くという致命的な欠陥があります。

RSAのSR-71/SR-71A/SR-71Bがその代表例ですね。(71Bに至っては保護回路も無くリチウム電池直という無謀さ)

何がタチ悪いかと言えば…そのアンプ自体は壊れないという事でもあり、表面化しにくいという問題です。

最近ではアンプよりも下流の方が圧倒的に高いので、それによる損傷はユーザとしてはかなりの痛手となります。

私としてもこの問題は10年来言い続けてきた所でもあり、安心して運用する為に何が必要かと言えば、

「電池の片減りがどちらかの電池で発生した場合に、正負電源両方を遮断する機構」です。

目下、71Aやら他の電池分圧のアンプに付けられる基板を開発中です。

ユーザの運用方式も違うと思うので、使用する電池に合わせて、放電終止電圧をスイッチで適宜設定出来るようにします(変更も可)。

アルカリ乾電池・NiMH充電池・リチウムイオン充電池の3種の設定を予定しているので、まずこれで万全かなと。

目下試作段階に入っているので、完成の暁には別エントリで書く事になるかと。

現時点での予価として¥12〜16kの間になる予想で、71/71Aなら取り付けサービスも出来ると思うので、ご期待下さいませ。

| 改造/保守 | 12:00 | - | - | pookmark |
<< | 3/58PAGES | >>